プロフィール
茅野市美術館
蓼科、八ヶ岳高原から湧き出る清水を諏訪湖へ運ぶ上川の河畔に、1980年(昭和55年)7月5日に開館。2005年(平成17年)10月1日にJR茅野駅東口に開館した文化複合施設「茅野市民館」内に移転しました。
諏訪地方は郷土出身者や戦争により疎開した美術家たちが先駆的な美術教育普及を行い、郷土出身の作家と蓼科高原を愛し滞在もしくはアトリエを構える作家たちによって、数多くの作品が生まれました。茅野市美術館は郷土色豊かな美術館として、郷土出身および郷土ゆかりの作家たちの作品を収集、展示しています。収蔵作品は、絵画、彫刻、工芸、書、版画、写真など様々なジャンルに及び、950点を超えます。
茅野市民館は美術館の他に、マルチホール、コンサートホール、図書室、レストラン、ロビー、アトリエ、スタジオなどを備え、施設全体としてホール機能・美術館機能・コミュニティ機能を持っています。この特長を活かして美術と他ジャンルとのコラボレーションにも取り組んでいます。
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM