2013.04.17 Wednesday

特集展示 清水多嘉示 石膏像の魅力

0
     
    (画像クリックで大きくなります)

    八ヶ岳美術館では4月20日より特集展示「清水多嘉示 石膏像の魅力」を開催いたします。
    ブロンズ作品の原型である石膏像は、ブロンズ作品のオリジナルと言えることやその貴重性から、近年作品としての評価が高まっています。
    本展では、昨年度遺族より新たに寄贈され、新収蔵作品となった石膏像を含め、清水多嘉示の「石膏像」を前後期に分けて特集展示いたします。石膏ならではのあたたかみを味わって頂ければ幸いです。
     オープニングセレモニーとイベントを開催いたしますので、ぜひお出掛けください。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    特集展示 「清水多嘉示 石膏像の魅力」


    会期:前期…平成25年4月20日(土)〜9月29日(日)
       後期…平成25年10月1日(火)〜3月30日(日)
    (休館日:7月1〜5日、9月17〜19日、11月11日〜13日、12月29〜1月3日、1月27〜31日


    ●オープニングセレモニー(寄贈式) 4月20日(土)13:00〜13:20 
     遺族代表・青山敏子氏より清水澄原村村長に寄贈目録が贈呈されます。
     どなたでもご参加できます(参加無料)。
              ↓                         
    鋳造所見学会   13:20〜(美術館よりマイクロバスで移動)
    セレモニーに続いて、和泉湧三氏(ブロンズ作家・日本鋳金家協会会員)のブロンズ工房で彫刻の鋳造工程を実地見学します。(参加無料、要予約)
      会場:和泉ブロンズ工房(岡谷市川岸三沢)   
    ※現地集合で参加ご希望の方は八ヶ岳美術館までお申込みのうえ、当日14:20までに諏訪信用金庫川岸支店駐車場(岡谷市川岸上1丁目3−1)に集合してください。

    ●トークイベント      参加無料(要入館料)
    「鋳造者が語る清水多嘉示の彫刻」岡本 猛次氏(元岡本美術鋳造所) 
    5月25日(土)13:00〜
    「清水多嘉示の石膏原型について」黒川 弘毅氏(武蔵野美術大学彫刻学科教授) 
    10月12日(土)13:00〜
    2013.03.26 Tuesday

    新企画展 「山の版画家 畦地梅太郎展」開催決定!

    0
       八ヶ岳美術館より、新企画展のお知らせです。
      「山の版画家 畦地梅太郎展」


      (クリックで大きくなります)


      八ヶ岳美術館では4月4日より「山の版画家 畦地梅太郎(あぜちうめたろう)展」を開催いたします。「山の版画家」として知られる畦地梅太郎(1902-1999)は信州と深い縁のある版画家で、浅間山をはじめ北アルプス、八ヶ岳など多くの信州の山々が題材となっています。また50歳を過ぎてからは山に身を置く人間の心象や精神性を表現した独自の「山男」像が展開され、ユニークで人間味にあふれた表現は今でも多くの人々を魅了しています。

      本展では、『山湖』『山の繪本』『信濃の山』など、信州の山々を題材にした版画集の作品を中心に、畦地が愛した山と人との姿をご紹介するとともに、素朴さあふれる初期木版画の秀作、家族を描いた作品、商用イラストなど貴重な資料もあわせてご紹介します。


      イベントについては続きをクリックしてください。
      続きを読む >>
      2013.02.20 Wednesday

      ひなまつり筝曲コンサートと室礼(イベント)

      0
         八ヶ岳義美術館では、3月3日のひな祭りにあわせ、イベント「筝(こと)と室礼(しつらい)のひな祭り」を開催いたします。

        地元演奏家 和会(なごみかい)の筝曲と、吉野圭さん(「四季折々の会」主宰)による室礼(しつらい・・・伝統的な桃の節句の室内装飾)を楽しんでいただきたいと思います。
         
         
        平成25年3月3日(日)午後2時〜3時
        場 所  八ヶ岳美術館
        参加費  無料(入館料別途)
        出演者  和会(なごみかい)
               生田流正派 大師範 折井雅和(まさかず)
                     師 範 金澤雅水緒(まさみお)
                     準師範 山岸雅水和(まさみわ)
         曲 目  「六段の調」
               「春の姿」
               「荒城の月」
               「さくら」など
        室 礼  3月1日(金)〜3月3日(日)展示
              (「四季折々の会」主宰 吉野圭) 
         
         
         
         
        室礼(しつらい)とは・・・

        季節にあわせた花・物などを家の中に飾り心豊かに楽しむもので、
        今回は雛人形や桃の花といったおなじみの雛飾りを、吉野圭さん(「四季折々の会」主宰)の室礼の世界として館内に飾ります。
        飾りのそれぞれに意味があり、遊び心あるおもてなしの表現に注目。
        室礼は各ご家庭でも行うことができるので、ぜひご覧ください。
        (室礼は3月1日〜3日間展示いたします)



        美術館でのひなまつりをお楽しみください。
         
        2013.02.04 Monday

        八ヶ岳美術館 原村の土器展 尭酳唇篝廚療擺

        0
           原村の土器展 ―尭酳唇篝廚療擺錙
          平成25年1月26日(土)〜平成25年3月31日(日) 会期中無休

          画像はクリックで大きくなります。


          南平遺跡の土器を特集展示するほか、連続講座〜いま、縄文がおもしろい〜を開催。

          連続講座  〜いま、縄文がおもしろい〜
          続けて参加するとお得!
          2回目の参加時には入館料が半額に、3回目には無料になります。
          (入館の際、第1回(もしくは第2回)の入館券をご提示ください)


          第1回 2月 9日(土)「南平遺跡について」講師:平出一治(元原村文化財係長)
          第2回 2月23日(土)「まぼろしの縄文語を訪ねて」講師:気賀沢清司(作家)
          第3回 3月 2日(土)「文様にみる縄文人の心」講師:武藤雄六(井戸尻考古館初代館長)

          同時開催 北野敏美版画展 もご覧いただけます。

          2013.02.03 Sunday

          八ヶ岳美術館企画展 北野敏美版画展

          0
             北野敏美 版画展 −腐食の様相、記憶される日常−
            平成25年1月26日(土)〜平成25年3月31日(日) 会期中無休


            画像はクリックすると大きくなります。

            飯田市在住の版画家・北野敏美の展覧会。展覧会の内容や、関連イベントにつきましては、続きをご覧ください。

            原村の土器展尭酳唇篝廚療擺錙‘瓜開催です。

            続きを読む >>
            2012.09.25 Tuesday

            八ヶ岳美術館公募展 第4回 あなたが選ぶ、信州の裂織展 

            0
               

              八ヶ岳美術館では10月2日(火)より「第4回 あなたが選ぶ、信州の裂織展」を開催いたします。

               原村で古くから「ぼろ機織り」と呼ばれ親しまれてきた裂織(さきおり)の公募展である本展は、2006年の初開催以来、今回で4回目を迎えました。

               本展では入館者からの投票によって大賞が決まるというユニークな選定方法をとっており、皆様には全国から集まった多様な作品をご覧いただくとともに、投票にも参加していただけます。

               また今回は新たに、投票とは関係なく技術的に優れている作品や革新的な作品などに主催者より贈られる特別賞「原村長賞」「原村教育長賞」「八ヶ岳美術館館長賞」を設定しました。

               さらに、八つ手機織り保存会の協力を得て「原村の裂織」にも焦点をあて、古くからこの土地で営まれてきた人々の暮らしと姿を、裂織を通してご紹介いたします。


              イベント等詳細は続きをご覧下さい。

              秋の八ヶ岳美術館、ぜひお出かけを!
              続きを読む >>
              2012.07.30 Monday

              廃材アーティスト・高橋耕也のからくりオブジェ展

              0
                八ヶ岳美術館新企画展のお知らせ★

                廃材アーティスト・高橋耕也のからくりオブジェ展



                一歩足をふみ入れると、そこは ふしぎなワンダーランド
                平成24年8月6日(月)〜9月30日(日)会期中無休


                ギィギィ ガチャガチャ 聞こえてくるよ…
                それはフシギなからくりたちが動く音。
                暗やみで笑っているのは 番人のおじいさん。
                流木のランプは虹色の明かりを灯し、
                あやしい時をきざむ時計には 小人たちがゆーらゆら…。
                巨大な魚が 歯をガチガチさせて近づいてくるよ…!
                ドラム缶のおばけや はいざいの ようせいたちが 飛びまわる世界
                一歩足をふみ入れると、そこは ふしぎなワンダーランド!



                作家プロフィール・会期中のイベントについては、続きをご覧下さい。

                 
                続きを読む >>
                2012.07.18 Wednesday

                第4回 あなたが選ぶ、信州の裂織展 応募要綱

                0

                  この秋八ヶ岳美術館で開催決定!!

                  第4回 あなたが選ぶ、信州の裂織展  2012.10.2-2013.1.20

                  裂織作品の出品者を募集いたします。

                  興味のある方、趣味で織られている方、また織り手にお知り合いのいる方がいらっしゃいましたら、ぜひ応募要綱をご覧いただき、ご応募ください。

                  たくさんの方のご応募お待ちしております。


                  どうぞ投票にもご来場ください。展覧会、お楽しみに!




                  応募要綱詳細はこちら

                  2012.07.03 Tuesday

                  バードウォッチング開催のお知らせ

                  0
                     

                     開催中の「片田好美 水彩画展 森と生きる」関連イベントとして、7月1日(日)に開催予定しておりました「バードウォッチング」が、雨天のため7月15日(日)へと延期となりました。

                    詳細は以下の通りです。



                    「鳥をさがそう!バードウォッチング」

                    とき:7月15日(日)7:00〜10:00(雨天の場合は7月22日(日)に延期)
                    ところ:八ヶ岳美術館
                    参加費:700円(入館料込み)、要予約。

                    内容:日本野鳥の会諏訪の方のご案内のもと、美術館周辺の森で見られる野鳥を探しに行きます。鳥についてのレクチャーも聞いて、鳥への興味関心を深めます。初めての方も大歓迎。バードウォッチング終了後は、美術館の展覧会場で片田好美さんが描いた野鳥たちを鑑賞します。

                    ※ 双眼鏡、雨具、図鑑等をお持ちのうえ、動きやすい服装でお越しください。
                    ※ 雨天延期の場合は当日6:00にこの美術館ブログにてお知らせします。また当日6:00より八ヶ岳美術館(0266−74−2701)にてお問い合わせを受け付けております。

                    参加申し込みは、八ヶ岳美術館(0266−74−2701)まで。

                    2012.07.03 Tuesday

                    アートと現代短歌のコラボレーション

                    0
                       
                      イベントのお知らせです。


                       八ヶ岳美術館は、古来より和歌と縁の深い七夕祭りの季節に特別企画「八ヶ岳美術館 TANABATA吟行〜アートと現代短歌のコラボレーション〜」(7月7日〜8月20日)を催します。また期間中イベントとして仝渋絽語短歌の「たなばた全国歌会」と奈良時代から伝わる日本の七夕伝統文化のルーツ「乞巧奠(きっこうてん)」◆屮ジの木講演会」―をいずれも八ヶ岳美術館で催します。
                      アート作品と現代短歌がアミューズメント空間の中で七夕伝説の星合のように会合する、美術館としては大変珍しい試みです。

                      詳細は続きを読むをクリックして下さい。
                      続きを読む >>
                      Calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM